Finance and Operationsとは

Dynamics 365 for Finance and Operationsは、 基幹業務ERP「Microsoft Dynamics AX」の後継アプリケーションです。Dynamics AX 2012の多言語、多通貨、会社間取引などのグローバル展開に必要な機能はそのままに、クラウド型ビジネスプラットフォーム「Dynamics 365」のアプリケーションとしてリニューアルされたことで新たな魅力が増えました。

リニューアルポイント

  1. Dynamics 365上のアプリケーション(CRM、フィールドサービスなど)を使用することで、他の別パッケージを新規導入することなく業務のIT化が短時間で可能になりました。ライセンス費用の観点からもお得です。
  2. 今回のリニューアルに伴い、リモートデスクトップによるアクセス方式からHTML5ブラウザーベースのインターフェースに移行しました。使用できる端末がPCだけでなくタブレット、スマートフォンと選択肢が広がり、モビリティが大幅に向上します。
  3. これまでと同様、ExcelをはじめとしたOffice製品との優れた連携機能により、日常業務の生産性向上が期待できます。
  4. オンプレミス版も用意しております。個別にお問い合わせください。

Simple 統合されたマイクロソフトテクノロジーで情報を使いやすく
オープンで統合されたマイクロソフトテクノロジーで、デバイスやプラットフォームを問わず使いやすいUIで利用できます。Azureのさまざまなサービスとの連携や外部システムとのデータ連携によって、機械学習(ML)や人工知能(AI)への応用も柔軟に実現します。もちろんOfficeでのデータ活用も自在です。
Powerful さまざまな業種業態とグローバル対応をシングルインスタンスで
多言語他通貨、各国の税法対応への対応、業務が異なるグループ子会社や各事業部門をシングルインスタンスで運用可能。グループでのシステム統合と各事業体異なるニーズを共存させることができます。
Agile ビジネスの成長に対応できる柔軟なアーキテクチャ
お客様ごとのシングルテナント環境を提供。事業の成長や変化に合わせて柔軟に拡張でき、カスタマイズを加えてもプラットフォームのアップデートに影響を及ぼさないアーキテクチャ、さらにAzureの拡張性で運用後に発生する変化を吸収し、低TCOを実現します。

特長

特長

特長1充実の標準機能

①統合型ERPとして基幹業務全般をカバー

②内部統制、IFRS対応をサポートする充実の統制管理機能

③グローバル対応(多言語、多通貨、国別会計制度)

④マルチカンパニー対応で、全社を一局集中管理

⑤バッチ処理(JOB)管理機能を標準装備

特長2統一されたインターフェース

①Webブラウザーに統一されたユーザーインタフェース ※クリックで詳細をポップアップで表示します

②Office製品と双方向で連携しており、データ連携が容易 ※クリックで詳細をポップアップで表示します

③ERPデータはPower BI標準機能で連携可能 ※クリックで詳細をポップアップで表示します

特長3柔軟なカスタマイズ性

①事業拡大やグループ企業展開などへ柔軟かつ迅速にスケールアップ・スケールアウトできる拡張性

②Windows Server、SQL Serverをはじめとするマイクロソフト製品群とプラットフォームを共通化

③既存システム環境やアプリケーション、各種クラウドサービスとのシームレスな連携が可能

ページのTOPへ